Entry: main  << >>
セフレは愛知で彼にそっとささやく
0

    足元に
    影が寄り添う
    "家に帰りましょう? "
    今後は黒い影
    「あなたの家はここにありませんか?」
    そっとささやく
    どうして?
    セフレが傾いているのは
    もうすぐ帰ろうか?
    彼は先に行く
    足に絡まる
    彼は先に行く
    思い返す
    セフレに戻る
    行かない?
    彼は彼の足にもつれます

    保育園前
    小さな正方形
    一緒に暮らせたらなあ
    セフレの目を見て
    お世話になってごめんなさい?

    歩き始める
    もう足元に影はなかった

    最後に見た琥珀の目
    ずっと前に
    自動販売機の後ろから見上げるとこちらを見上げると小さく泣いていたサファイアの瞳に似ていました

    彼女は幸せだったかしら

    | aixiihhd7 | 17:18 | comments(0) | - |
    Comment